リストランテ アルポルト オーナーシェフ片岡護

オーナーシェフ片岡護

片岡 護(かたおか まもる)

1948年(昭23)9月15日生まれ。B型。170cm。東京都出身。
家族は妻・長子と一男一女。
趣味は競馬・食べ歩き・映画鑑賞・音楽を聴くこと。
好きな映画監督は、オーソン・ウェールズ、ビットリオ・デシーカ、ルキノ・ビスコンティ。

初めてのイタリア料理

初めて食べたイタリア料理。それは母が勤め先の外交官のお宅から頂いてきたカルボナーラだった。すっかり冷めてしまってはいたが、そのおいしさに当時の片岡少年はびっくりしたという。

高校時代

都立田園調布高校出身。高校時代は美術部に所属していた。同級生に脚本家の内館牧子さんがいる。

料理歴

美大を志すが受験に失敗。その時母の知人の外交官だった方が、イタリア総領事として赴任することが決まり「コックとして付いて来ませんか?」と誘ってくださったのが、そもそもコックになるきっかけとなった。「お皿の上にデザインするも同じ」と考え、一緒についていくことに決めた。それから出発までの3ヶ月は「つきじ田村」で鍋洗いと刻みの修行。イタリアに渡ってからも総領事付きのコックとして日々修行の毎日だった。暇を見つけては足繁くレストランに通い、その数は数え切れないほど。そして5年後に帰国。「小川軒」「マリーエ」を経て「アルポルト」を開店し、今に至る。

アルポルトの歴史

港という言葉に象徴されるひとつの物事のはじまり(出港)とおわり(帰港)、さらには人生の出発、そして終着といった意味の考え方が好きで「アルポルト」を選びました。

また、「アルポルト」を語る上で欠かせないのがミラノにある『アルポルト』の存在です。
この出会いは1968年、日本領事館の総領事付き料理人としてイタリア・ミラノへ渡りました。
ここで約5年間働き、その期間で食べ歩きをした際に出会ったお店が「アルポルト」です。
ミラノにある『アルポルト』はドメンコさんという方が経営していて海の幸の専門店です。
入ると店の両側に新鮮な魚がずらりと並んでいます。そのなかからお客さんが好きなものを選んで、パスタにしてもらったり焼いてもらったりするのです。奥には前菜が並んでいてそれも好きなものをオーダーできます。
私はそのお店が気に入って、仕事が空いたときに研修に行きました。
1974年、イタリアより帰国し、「小川軒」にて研修、「マリーエ」でシェフとして勤め、
そして1983年、自分の店「アルポルト」を西麻布にオープン。
お店を出す際、「アルポルト」という名前にしたいと思った私は、ドメンコさんのもとを再び訪れ了承をいただき、現在の店名にしました。

ページの先頭に戻る